インターネットマーケティング : 広告費の削減

電通が「2006年(平成18年)日本の広告費」を2月20日に発表。2006年の総広告費は、景気回復を背景に前年を0.6%上回る5兆9,954億円で、3年連続の増加となっています。

その中で媒体別に見ると、新聞・雑誌・ラジオ・テレビの「マスコミ四媒体」の広告費は軒並み前年割れとなっているなか、「インターネット広告費」は検索連動広告を中心に前年比29.3%増と急成長しています。

広告費

一方イン ターネット広告費は、2004年に1,814億円、2005年に2,808億円、そして2006年が3,630億円と順調な成長を見せています。10年前の 1996年は16億円規模だったことを考えると実に226倍も急成長しているのです。

また、テレビなどの媒体は、効果検証が難しいですが、インターネット広告はアクセス解析の設置などにより効果測定が数値で測定できるため、効果のある広告 媒体、そうでない広告媒体を見分けることができるのです。しかも、大枠においてインターネット広告の効果の方が、雑誌・TVなどの広告効果よりも高いケー スが非常に多いです。

現在広告出稿がTV,雑誌などのオフライン広告に偏っているのであれば、限られた予算の割り振りをインターネット広告にシフトすることによって、更にコンバージョンを挙げることが可能です。

現在、オフライン広告でうまくいかないというご担当者様。インターネット広告の出稿を考えて見てはいかがですか?弊社が戦略からサポートいたします。

一方、インターネット広告の中でも、まだまだ広告費の最適化は十分可能です。
⇒最適な広告手法を掴むには、確かな仮説と検証作業の上に成り立つ結果からの更なる成果への実践が不可欠です。

今は昔に比べて成果をはかるようになってきましたが、最適な広告手法、また、最適にするためのテストをトライ&エラーで仮説と検証を繰り返しながら実行できているところは少ないようです。

問題なのは、最初の仮説が曖昧なために出た結果の検証が正確にできないというケースが多いという現実です。

弊社では、クライアント様の業界・4P・3C・SWOT分析などを踏まえて、仮説検証を積み重ねるPDCAサイクルによる実践を繰り返し、ネットビジネスでの目標に向かってを最適な広告手法を分析し、広告予算の最適化を実現します。

お問い合わせはこちら