インターネットマーケティング : 動画制作

豊かな表現力とインタラクティブ性の高い広告手法により
ユーザー訴求効果を高めます

1.動画配信の可能性

YouTubeの普及とともに、動画を利用した表現がいろいろな形で広まってきています。動画はインタラクティブ性が高く、口コミを促進する可能性が他に比べて高いため、現在非常に注目されている広告手法です。また、ブロードバンド普及が加速しブロードバンド世帯が約7割になった現在では、以前はネックとなっていた「動画コンテンツは重くて見ることができない」という問題が解消されていることで、さらに動画普及を促進しています。

2.目的あってこその動画

最近、自社サイトに動画を扱う企業が増えてきております。特にブロードバンドの普及と技術の発展に伴い、最近はフラッシュを使った高度なプレゼンテーションを動画として作り上げている会社もよく見られるようになってきました。ただ、実際にそのような会社は、具体的な成果をあげているのでしょうか?

確かに、動画や音声・フラッシュなどのリッチコンテンツは、文字に比べて派手にWebサイトを見せることができます。しかし、いくら派手にWebサイトを作っても、実際にWebサイトの目的が達成されなければ、意味がないのです。あくまで、「何を伝えたいか」が先にあり、動画や音声・フラッシュなどはその目的を伝えるためのツールに過ぎないということを理解する必要があります。

3.動画作成の意味

動画をHPにて使うことの意味は主に2つあります。

1.メッセージをより伝えやすくする

テキストだけでは伝えにくかったことを動画で伝えることができます。動画を使うことにより、従来の平面的なサイトが立体的になりより閲覧者の五感に訴えることによって、言葉だけでは伝わりにくい部分を補完してくれるのは非常に大きなメリットになります。

2.ユーザー訴求力をより高める

上記に関連して、マニュアルと同様文章だけでは理解しにくい部分を、動画を使うことによってよりユーザーにとって分かりやすく伝えることができるため、従来では離脱していた層も取り込むことができます。そのためショッピングカートの使い方が分からない年配層に、動画で説明してあげることによって購入をより簡単にしてあげたりすることによって、更にサイトのユーザー訴求力を高めることができます。

4.動画をうまくマーケティングにとりいれるために

ただ、派手だから、かっこいいから、みんなが動画をやっているからという理由で、動画をWEBに取り入れても、意図していた結果を出すのは難しいです。その動画はどうして必要なのか?そしてその動画を使うことによって従来よりもどういうメリットがサイト運営者側にあるのか?その部分を突き詰めない限り、動画といえども単なるツールですのでなにも変化はおきません。

IMSは動画を使ったいろんな仕掛けを、HPの設計・企画段階からあわせてご提案いたします。たんなる動画制作にとどまらず、その背景にあるWebサイトの目的を的確に把握した上で最適な動画制作サービスをご提供いたします。

5.制作事例

フィジー留学のSouth Pacific Free Bird株式会社

ウェブサイト来訪者に音声やスライドを使った動画プレゼンテーションでサービスをより分かりやすく説明しています。

[URL] http://www.southpacificfreebird.com/

SOUTH

6.こんな会社様にお勧め

  • 口コミをもっと普及させたい
  • 動画や音声を使うことによってより分かりやすく商品・サービスを説明したい
  • オンラインデモを作成したい
  • もっとインタラクティブ性を持たせたサイトにしたい

お問い合わせはこちら