インターネットマーケティング : ロングテールSEOサイト設計

集客の間口を増やすサイト設計

ウェブビジネスを行う際にロングテール戦略は一つの戦略として欠かせなくなってきております。

※ロングテール売れ筋の上位20%ではない商品からの売り上げが多くなる状況のこと

ロングテールを利用したSEOサイト設計戦略は二つあり

  • 商品点数が多い会社が、商品名で検索された場合にニッチな商品でも検索結果の上位に表示されることによって、売り上げをアップさせる戦略
  • 商品を売り上げるための集客手法として、ターゲットが興味を持ちそうないろんな検索結果の上位にページを表示させ、そこからアクセスを呼び込む戦略

1は、一般的にロングテールといわれるものでおなじみだと思います。

2は、正確な表現をするとロングテール集客という表現が正しいかと思います。

右図を見ていただくと分かるかと思いますが、アクセス解析を確認するとどのサイトも、ページ数が多いサイトはアクセス数分布にロングテール的傾向が現れます。また、実際には下位80%のページで50%の集客を実現しております。

この下位80%のアクセスはほとんどが検索エンジンからのアクセスですので、この下位80%のページを戦略的に設計することによって、ターゲットユーザーを間接的に呼び込むことが可能になるのです。

このロングテールSEOサイト設計も、SEOサイト設計と同様、ウェブサイトがOPENしてからではなく、OPEN前に設計の段階から施策を考える必要があるのです。

制作だけしかできない制作会社でも、SEOしかできないSEO会社でもシステム作成しかできないシステム会社でもいけないのです。ウェブ全般に精通していて、全てのことを考慮して設計ができる能力のある会社でないとSEOサイト設計はできません。

失敗しないSEOサイト設計を望んでいるのであれば、サイト作成時(リニューアル時)にぜひIMSにご相談ください。

キーワードの選択・ロングテールSEOサイト設計・運用手法などを含めてトータル的にご提案することにより、集客を最大化いたします。

お問い合わせはこちら